闇金 飛ばし携帯 銀行口座

闇金融対策相談SOS@ヤミ金の取り立てすぐに解決できます!

闇金に携帯電話や銀行口座を売ってはイケない

読了までの目安時間:約 4分

 

闇金を利用して借金をしてしまった場合は違法な利率により金利での借入となってしまうので、すぐに返済することができなくなってしまいます。

 

そして闇金融業者は債務者が返済することができなくなってしまった場合はいろいろな方法で取立てをしてくるのですが、それと同時に自分名義で携帯電話を数台契約したり、複数の銀行の預金口座を作って、それをこちらまで送ってきてくださいと要求してくることもあります。

 

しかし闇金融業者の言うとおりに携帯電話を契約したり、複数の銀行の預金口座を作ってそれを売ったりしてはイケません。

 

飛ばし携帯と呼ばれる他人名義の携帯を使用して闇金は営業していますし、銀行口座も同じく他人名義を使用することで身元が解らないようにしています。

 

闇金が警察に捕まらず営業を続けるために必須の携帯と銀行口座ですが、これらをお金に換えるために闇金に提供する事は、提供する側も立派な犯罪者になることを理解しておかなければなりません。

 

知らない間に犯罪に手を染めることになります

 

他の人に売るために携帯電話の契約をしたり、預金口座を作ると、契約をした電話の会社や銀行などの金融機関を欺くことになるので詐欺になり、詐欺罪として逮捕されることになります。
また他人が利用することを理解して自分が契約した携帯電話や預金口座を売買すると犯罪により収益の移転防止に関する法律の規定に反することになり、罰金又は懲役刑に課されてしまうことになります。

 

このようなことをすることによって、借金は全く減ることはなく、ただ犯罪に手を染めることになるので、いいことは何一つありません。

 

闇金の詐欺行為や犯罪などの悪質な営業に使われます

 

もし闇金業者に契約した携帯電話や開設した預金口座を渡してしまった場合、どのようになるのかというと闇金の詐欺行為や犯罪などの悪質な営業に使われることになります。
携帯電話や預金口座を渡すときに一見こちらのメリットがあるようなことを言われることがありますが、そのようなことは一切なく、犯罪に関与させられるなどデメリットしかありません。

 

しかも闇金融はさらに他に携帯電話や預金口座を売って儲けることもしたりしています。

 

また闇金融は複数の人に携帯電話や預金口座を作らせているので、これによって長期の間、違法な営業がしやすくなっています。

 

そのためもし闇金に携帯電話を契約し、複数の銀行預金口座を作って、こちらにわたしなさいと言われても、犯罪の被害を受けることになるので、断固として拒否するべきです。
もし一人でする勇気がない場合は警察や弁護士、司法書士などの法律の専門家に相談してみるのがいいでしょう。

 

闇金とは

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
QLOOKアクセス解析