闇金 相談

闇金融対策相談SOS@ヤミ金の取り立てすぐに解決できます!

貸金業登録業者でも実態は闇金?

読了までの目安時間:約 4分

 

闇金とは金融業を営むための貸金業の登録をしていない違法な金融業者のことを言います。

 

そのため基本的にヤミ金融を見分けるためには、登録番号があるかどうかを調べることになります。

 

しかしここ最近においては貸金業登録を実際にしているのですが、営業の実態は闇金であるというケースが沢山あるため、ただ登録番号があるかどうかを調べるだけでは判断することができない場合も多いです。

 

貸金業の登録の手続きは容易にできるのが要因です

 

なぜ貸金業登録をしている闇金が沢山あるのかというとそれは貸金業の登録は容易にすることができるからです。

 

そこで貸金業登録をするためにはどのような条件を満たしている必要があるのかというと主なものとして以下のようなことがあげられます。

 

貸金業登録条件

 

  • 貸金業の登録を取り消された場合は5年を経過していること
  • 禁錮以上の刑に処せられたり、貸金業法、出資法などの法律に違反して罰金の刑に処せられ、刑の執行が終わったり、受けることがなくなってから5年を経過していること
  • 営業所や事務所に一人以上の貸金業務取扱主任者を置くこと
  • 純資産額が5000万円以上あること
  • 経営管理、内部管理、内部監査など貸金業を営むために必要な体制が整っていること
  • 成年被後見人、被保佐人、破産者で復権を得ていない者ではないこと

 

このような条件をクリアすることができれば貸金業の登録をすることが可能なため、闇金の関係の人でも簡単にできてしまいます。

 

また登録手続きは申請書と一定の必要書類を都道府県知事(2つ以上の都道府県に営業所を設置する場合は財務局長)に提出して申請することになります。

 

どのようにして闇金かどうか見分けられる?

 

上記のように一般の金融会社と闇金融との区別がわかりにくくなっているので、どのような方法で見分ければいいのかということを知っておきたいところです。

 

闇金業者かどうか見分け方としてはまず、営業形態で見分けるのがいいでしょう。

 

闇金業者は基本的に事務所を構えていなくて、連絡先が携帯電話なので、電話の番号が携帯のものである場合は疑っていいでしょう。

 

また、当然ですが、法定金利を超えた貸し付けを行っている場合は闇金の可能性が高く、仮に闇金で無くても悪質な金融業者ですから、高金利な業者から借り入れてはいけません。

 

法定金利

 

借り入れが10万円未満 20%

借り入れが10万円から100万円未満   18%

借り入れが100万円以上 15%

 

またしつこく勧誘してきたり、頻繁にダイレクトメールを送ってくるのも闇金の特徴なので、このようなことをする金融業者の場合は怪しいです。

 

それから大きい金額を無担保、保証人なしで融資可能な場合もヤミ金である可能性が高いです。

 

上記のような判断をして金融業者を選択すれば、ある程度ヤミ金対策をすることができます。

 

闇金とは

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
QLOOKアクセス解析