闇金 相談

闇金融対策相談SOS@ヤミ金の取り立てすぐに解決できます!

多重債務者や自己破産した人は闇金に狙われる

読了までの目安時間:約 3分

 

闇金業者はただ闇雲に個人に対して融資をしているわけではありません。なぜならお金を借りようと思っている人の中には闇金融が違法な貸し付けを行っていることを知っている人もいるので、そのように貸付を行っても効率が悪いからです。

 

そして闇金は多重債務者や自己破産した人をターゲットにして融資を行っています。なぜこのような人を狙うのかというと一般の人よりも融資しやすいからです。

 

その理由として多重債務者は消費者金融などの正規に登録をしている金融業者からは借入ができない状態になっているので闇金融しか融資を受ける業者が無いからです。

 

また自己破産をした人は一定の期間は信用情報機関という個人情報に登録されてしまい、借入をすることができない状態になっているのが理由で、また生活をするにおいてもいろいろとお金が必要になってきて、借入をしなければならないので、どうしても闇金融を利用して融資を受けなければいけない場面が多いからです。

 

闇金はどのように顧客リストを得るのか?

 

闇金融業者が多重債務者や自己破産をした人に融資をするためには対象となる人を把握する必要があるのですが、どのような方法で情報を得るのかというと多重債務者の場合はいろいろな金融の業者からそのリストを手に入れることによって情報を得ます。

 

また自己破産をした人の情報は官報などに対象者が掲載されているので、ここから得ることになります。

 

そして闇金は得ることができたリストや情報から対象者宛に電話をかけたり、ダイレクトメールを送ったりして融資の勧誘を行います。

 

また電話においては「特別融資を行っています」という旨の言葉で勧誘を行い、またダイレクトメールにおいては「職業、収入の有無は問いません。主婦、フリーター、無職の方でも利用可能なので安心です」、「借金のある方や自己破産、債務整理の経験がある方でも対応します」といったような言葉が記載されているので、ありがたいという心理が働いて、多重債務者や自己破産をした人は思わず納得してしまい、闇金業者が提供している融資に飛びついてしまうことも少なくありません。

 

闇金とは

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
QLOOKアクセス解析