闇金 相談

闇金融対策相談SOS@ヤミ金の取り立てすぐに解決できます!

ヤミ金の保証人に勝手にされてしまった!?

読了までの目安時間:約 3分

 

闇金の被害を受ける時というのは自分が利用した場合だけではありません。

 

彼氏や自分の家族がヤミ金融を利用して借金をした場合にも被害を受ける可能性があります。

 

どのような場合に受けるのかというといくつかのケースが考えられますが、その中でも勝手に保証人にされてしまった場合です。

 

このような時にはお金を借りた彼氏や自分の家族だけでなく、保証人とされてしまった自分に対しても闇金は悪質な取立てや嫌がらせをしてくることになります。

 

そこで闇金の保証人にされてしまった場合はどのように対応すればいいのでしょうか?

 

勝手に保証人にすることはできません

上記のような形で自分が関わることなく保証人にされてしまった場合でも不安に感じることはありません。

 

なぜなら勝手に他人を保証人にすることはできないからです。

 

保証人になるためには債権者と保証契約を締結する必要があるので、少なくとも自分が保証人になるという意思表示をしなければならないということになります。

 

しかし勝手に保証人にされてしまったという場合はそもそも保証契約が成立していないので、当然無効となります。

 

そのため保証人にされてしまった場合でも保証債務を負う必要もないということになります。

 

もしヤミ金融業者が借金の請求をしてきても、自分には支払う義務はないということを毅然とした態度で示しましょう。

 

しかし一般の人は法律に関する知識を持っているわけではないので、そのようなことを知らないことも多いです。

 

また知っていたとしても闇金融業者の暴力的で強引な取立ての前に恐怖感を感じてしまい、なかなか保証が無効であるということを主張するのが難しいです。

 

このような場合は法律の専門家である弁護士や警察にすぐに相談をするといいでしょう。

 

弁護士の中には闇金に対して法律的な主張をして当事者の代理人としていろいろ対応してくれるので、悪質な請求をストップしてもらうことができます。

 

警察も被害届けを出せば、いろいろ動いてくれるため、ヤミ金も必要以上に動くことができなくなるので被害を食い止めることができます。

 

闇金とは

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る
QLOOKアクセス解析